NoGoDは僕にとって特別なバンド。

華凛さん脱退ライブを見てきて、今回はちょっとしんみり。僕のNoGoD愛を語ります。


f:id:ren_qeddeshet:20180406223249j:plain

NoGoDは僕にとって特別なバンド。

団長さんとは、もうかれこれ3年くらいの付き合いでしょうか。いつもお世話になっている、大好きな先輩です。でも、僕はそれよりもっと前からNoGoDが好きで、上京する前からファンでした。
団長さんにも言ってないのですが、東京に来て初めて見に行ったライブは、NoGoDのアストロワンマン。前に行ける機会があったので、最前にいって、演奏中の皆さんがフロアに手を差し伸べてくれて、ドラムのKさん以外とは全員握手したのを覚えています。皆笑顔だった。
僕にとって、初めて身近で憧れのバンドを見れる!という感動を与えてくれたのがNoGoDでした。
そういえばあの時も乱痴気やっててテンション上がったなぁ。

NoGoDの異色さを出していたのが華凛さん

団長さんの白塗りや歌唱力、ヘヴィメタルなサウンドが異色っちゃ異色なのですが、それに加えて女形の華凛さんの影響力は大きかったと思う。だって、白塗りでメタルで歌すごいってだけでも異色なのに、女形で技巧ベーシストっておかしいでしょう。笑
華凛さんは途中で女形はやめてしまったけれど、女形やめたらステージングも完全に男らしくなってて、変わり身に驚いたのを覚えています。男でも女形でもかっこいいベーシスト、華凛さん。
そんな華凛さんがいなくなるのは、やっぱり寂しい。

初めて知り合ったメジャーの人も、NoGoD

東京きて初めて行ったライブもNoGoDでしたが、初めて知り合ったメジャーのバンドマンさんもNoGoDで団長さんでした。
なんの伝手もなく、激ロックのオールナイトイベントでDJを団長さんがするって知って、リプで団長さんに「挨拶いきます!」って凸予告をして、音源持って挨拶いって。そこから、団長さんが「遠い世界のバンドマン」から「面倒見の良い先輩バンドマン」になりました。
ちゃんと音源聴いてくれて、感想言ってくれて、そこからライブにも招待してくれて。
とりあえずおかんに自慢したよね!笑
もともと僕にNoGoDを教えてくれたのが、母がV系刑事という番組見てて、白塗りでトーク面白くて歌めっちゃうまいバンドいるって教えてくれて、そこから知ったNoGoDなので。
そういう意味でも、やっぱり僕にとってNoGoDは特別なのです。

NoGoDは僕の考えるバンドの理想型

はい、初めてカミングアウトしたけど、理想と勝手に思ってます。
お化粧×メタル×上手い×派手×面白い。
いや、これ理想でしょう。笑
なにより、V系枠でいながら、ルックスで売っていない。音で勝負している。そこが最高にかっこいい。で、V系枠にとらわれず、どんなステージにも立っている。活動の幅が広い。ね、どことなくQEDDESHETの活動と似ているでしょ。

似てない?
この差が売れるのと売れてないの差な感じするけど。笑
まあ、そんな感じでかなり意識はしているのです。REOくんとキリエさんもどことなく雰囲気似てると思うし。笑 ギター超絶うまくてロン毛でメタラーでメインコンポーザー的な。
しかし、その一番大きな差は、うちには華凛さんポジションがいないこと…。TERUさんに何度もTERU子になってくれとお願いしたけれど、見事に玉砕しています。TERUさんが女形になれば、うちもきっと売れる!(売れない

団長さんとは考え方も似ている

団長さんは結構いろんなラジオや番組で音楽哲学を話しているけれど、ほんとに同じなんだよね。考え方、向き合い方、ジャンルという壁への取り組み方も。
あと、NoGoDもメタルからV系へ、何のコネもなく乗り込み、バックアップもなく実力だけで地位を築き上げていった。やっぱりそこが凄いし、本当に尊敬しています。

そう、色んな意味で特別なんですよ。僕にとってNoGoDというバンドは。
やっぱり、メンバーがひとりいなくなるのは寂しいです。

櫻/NoGoD
今日やると思ったけどやらなかったなー。

皆さんも是非買ってフルで聴いてみてくれ。名曲ですので。

四季彩 [sounds]

四季彩 [sounds]

今回は自分の宣伝しないです。
NoGoDさんとの対バンは僕の目標のひとつ。次回があるなら、次の団長フェスに出るのも目標です。
がんばります!